​家計リスクを避けるために

住宅資金チェックサービス

住宅資金の「適正予算」を知る。

 

「今」だけでなく「将来」から計画する。

「工面」ではなく「フィット」する計画。

家づくりの資金計画はとても重要な課題です。

STAGEWORKSのお客さまの統計では、住宅ローンなどの融資を活用を計画される方が約7割で、現金で計画される方が約3割です。ミニマルなスタイル=予算も家もライフスタイルもコンパクトにという価値観が定着している傾向もあって、現金でカバーできる予算で家づくりを考える方が増えてきているとはいえ、まだ多くの方は住宅ローン(借金)をして住宅資金計画を立てています。

長い人生の中には様々なライフイベントがあり、そのたびに出費が伴います。

子どもたちの養育費、保険費、医療費、自動車。他にも、趣味、車、旅行などのレクリエーションなど必ずしも必要な出費だけでなく、人生を楽しむために必要な出費もあります。​家づくりという大きなイベントを控えたとき、日常に溶け込んだ出費を見落としてしまうことがあります。

また支出を支える収入も、変動するリスクを考慮することも大切です。

銀行のローン審査に必要な必要書類は源泉徴収票に代表される「今」の収入に関するものです。

将来に渡る変動の考慮はされないと言ってもいいでしょう。ですから、収入に対するリスク回避もご自身で行わなければならないということになります。

手持ちの予算と不足分を調達する計画だけが、住宅資金計画ではありません。

「今」だけを見るのではなく「将来」に渡るライフイベントや様々な出費を考慮する必要があるでしょう。どれくらいが適正な住宅資金の予算なのかを見極めた上で、手持ち資金と住宅ローンのバランスを検討していくことが最善の選択だと言えます。

資金計画には正解はありません。

大切なのはリスクがある計画か、回避した計画かないか。といえます。

マネーライフの専門家ともいえるファイナンシャルプランナー(FP)が「的確」に資金計画をチェックし、アドバイスをすることで「適正な予算」を知ることができ、皆さまに「フィット」し、リスクを回避した計画を立てることが可能になります。

STAGEWORKSのファイナンシャルプランナーは、独立したFP事務所を開設し、豊富な経験を活かして書籍やメディアにも多数執筆をしている第一線で活躍するメンバーのみです。

住宅資金チェックの流れ

インタビューでお聞きしたご要望・条件・お客さまの個性をもとにプロデューサーがFPを厳選します。

必要な書類を揃えてからFPとの面談をします。対面だけでなく、オンラインでの面談も可能です。

2週間ほどのちに、面談でヒアリングした結果をもとにレポートが作成され、住宅資金やキャッシュフローのアドバイスをします。

 

サンプルレポートはこちら

​シミュレーションされた住宅資金をもとに不動産の選定や、建築家マッチングが始まります。レポート結果のうち、住宅資金の情報のみ建築家にも共有します。

よくある質問

FPを指名することはできますか?


可能です。インタビュー時にプロデューサーにお伝え下さい。対応可能エリア等の条件はありますが、オンライン等の対応をご提案します。




住宅資金の適正額はどのような位置づけですか?


適正額のみプロデューサーや建築家にも共有されます。つまり、適正額を無視した建築家マッチングの提案や、設計デザインが提案されることがなくなるので安心して家づくりのステップにお進みいただけます。




FPのマッチングは有償ですか?


FPのマッチングに関しては無償で行っています。FPによるサービス(ヒアリング、レポート作成、アドバイス)に関しては実費としてFPへお支払いください。費用に関してはこちらのページを御覧ください。




レポートはどのようなものですか?


サンプルレポートをダウンロードできます。住宅資金に関することだけでなく、将来に渡る家計の指標としてご活用できるものです。ヒアリング時から変更があった場合には変更点を更新することで最新の状態を保てます。