COPYRIGHT 2017 STAGEWORKS.inc ALL RIGHT RESERVED.

Office Info
 


Head Office
190-0021
東京都立川市羽衣町
1-20-6

 

 

 

Satellite office 【34509】
190-0013 
東京都立川市富士見町
6-34-509

  • Black Facebook Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Instagram Icon

Phone & Mail
 


042-512-8268

 

info@stageworks.co.jp

STAGEWORKS株式会社

有馬の家

設計・監理 石井 秀樹

 

築50年の木造2階建て住宅のリフォーム案件である。今回は1階の続き間の客間と2階の寝室を除く、1階のダイニング、キッチン、リビング、水廻り、それと事務所利用している部分のリフォームであった。

五尺のヒノキの柱が使われていたり、屋根裏に上ると地松の丸太梁が使われていたり、所々に時代を感じさせる立派な材が使われている。一方で、1階の下屋の小屋裏を利用して小屋裏収納を増築していたり、生活の変遷も見て取れる。今回は家全体ではなく一部のリフォームであり、今後も順次リフォームが繰り返されていく。繋がっていく変遷の一部であり、過去から未来へと受け継いでいくリフォームでもある。そこで、ここに埋没している過去からの資源を掘り起こし、またこれまでの変遷も無理せず残して、未来へと繋げていくリフォームとなった。

天井を外して松丸太の梁を現し、さらに松丸太の存在に呼応するように柔らかく空間を包み込むように、コーナーを曲面にして天井を上げた。曲面天井に柔らかな光を導く開口は四隅を曲面で切り取ったピクチャーウィンドーとしてこれまでは完全に塞がれていた庭の風景を再発掘した。さらに壁を取り払った際に構造的な必要により残された柱が脆弱であったため、柱を添えて2本を抱き合わせて補強して強固な柱として現した。抱き合わせる際は目透かし目地を通して、ホゾによって一体化させることで意匠性を持たせている。天井裏に増築された収納は土壁の塊として吹き抜けに浮かせて空間のアクセントとした。

無駄をそぎ落として、元々そこにあった価値を再発掘することで、現代の快適性に加えて、どこか懐かしさのある柔らかい陰影の空間を実現した。

●場所:神奈川県川崎市 ●主要用途:専用住宅 ●家族構成:夫婦+娘 ●構造工法:W造 ●延床面積: 85.45m2

建築家とつくる家 建築家の選び方 stageworks ステージワークス 理想の空間